当院の歴史

初代鹿浦医院 遠景

初代鹿浦医院 遠景

現在の鹿浦医院

現在の鹿浦医院

みなさまと共に100年

明治36年、初代内田五郎が開業して以来、北浦の畔でみなさまと共に100年歩んでまいりました

内田五郎

鹿島郡豊津村大船津、内眼科、鹿浦医院。
明治34年済生学舎卒。

河本病院で河本博士に師事して眼科研究ののち、現地に開業。
日露戦争に陸軍3等軍医として従軍、正8位に叙せらる。校医、村医。

長男、内田五一

昭和5年慈恵医大卒、小児科医。父の業を継いで開業。

孫、内田二郎

五一の次男。
昭和46年日本医大卒、小児科医、父祖の業を継承し開業。

初代内田五郎

初代内田五郎

2代目内田五郎

2代目内田五郎

資料提供:内田二郎氏 「日本眼科を支えた明治の人々」より

資料提供:内田二郎氏
「日本眼科を支えた明治の人々」より

院長のごあいさつ
広い待合スペースあり
駐車場あり
デイサービスたんぽぽ
ふたば保育園